中村吉右衛門の娘は宝塚?家系図が凄すぎる!

イベント
スポンサーリンク

人間国宝の歌舞伎役者・二代目中村吉右衛門(なかむらきちえもん)には娘さんが4人いらっしゃいます。

そしてその内の1人が宝塚だったのでは、という噂があるそうです。

なので中村吉右衛門の娘さんが宝塚出身なのか、凄すぎる家系図について調べてみました。

スポンサーリンク

中村吉右衛門の娘は宝塚に在籍?

中村吉右衛門さんで検索してみると“娘宝塚”というワードがよく出てきます。

なので4人いるうちの1人が宝塚だったのではと噂になっているのですが、調べて見たところ、どうやら長女が宝塚という情報が!

ですがこの情報は確実なものではなくて、あくまで噂止まりでした。

中村吉右衛門の娘は4人は一般人?

中村吉右衛門さんの娘さん4人の情報を調べた結果、4女の娘さんの情報しかありませんでした。

お名前は「波野櫻子(なみのようこ)」といいます。

櫻子さんは青山学院大学文学科を卒業後、一般企業に就職されたのですが結婚して退職されました。

ではなぜ4女の櫻子さんだけ情報があるのかというと、結婚されたお相手が、父の中村吉右衛門さんと同じ歌舞伎役者の「尾上菊之助」さんだからなんです。

なので現在は、梨園の妻として家や家族を支えています。

上3人の姉達は、歌舞伎や芸能の世界ではなく、一般人として生活しているみたいです。

中村吉右衛門の生い立ち

中村吉右衛門さんのお父さんは8代目松本幸四郎さんで、お母さんは初代中村吉右衛門の一人娘です。

初代中村吉右衛門は跡取りがいなくて婿養子を取りたかったのですが、ある約束をして娘さんは嫁ぐ事になりました。

その約束とは男の子が2人生まれたら、1人は中村の養子にする事が条件だったそうです。

なので二代目中村吉右衛門さんが養子に入り跡を継ぐ事になりました。

その複雑な家庭環境を、若い頃は受け入れる事が難しく、たくさん苦労されたのではないかと思います。

ですがそれを乗り越え活躍し、二代目中村吉右衛門さんは人間国宝にまでなったのです。

中村吉右衛門の華麗なる家系図

養子に入り名前は違えど、中村吉右衛門さんの兄は9代目松本幸四郎さんで、その息子は十代目松本幸四郎、女優の松本記保、女優の松たか子とみなさん歌舞伎や芸能界に携わってる方ばかり!

そして娘の旦那も家族も尾上一家とかなり有名な歌舞伎一族

3人のお孫さんにも恵まれ、さらに孫で長男の和史君も6才で歌舞伎デビューしており、本当に華麗すぎる家系図になってますね。

中村吉右衛門といえば鬼平犯科帳

中村吉右衛門といえば、1989年にテレビドラマ「鬼平犯科帳」で主人公長谷川平蔵役を演じており、2016年まで全150本の大人気シリーズとなりました。

なので歌舞伎とゆうよりは鬼平犯科帳でしょってゆう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まとめ

今回、ニ代目中村吉右衛門さんの娘さんや華麗なるご家族についてご紹介しました。

娘さんが宝塚出身とゆうのは噂で、4人の内3人の方の詳細はわかりませんでしたが、4女の櫻子さんは中村吉右衛門さんと同じ歌舞伎役者のお家に嫁がれて梨園の妻として、家や家族を支えてらっしゃいます。

家族や親戚は芸能人や歌舞伎役者と華麗なる家系図となってます。

今後も中村吉右衛門さんのご家族の活躍を応援して行きたいと思います。

スポンサーリンク
イベント
SYKをフォローする
HINATA BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました