三浦佳生の高校や出身中学はどこ?スケートの経歴や歴代コーチも徹底調査!

人物
スポンサーリンク

羽生選手がケガのため、代わりにISU世界フィギュアスケート選手権大会2022に出場が決まった三浦佳生選手!

若干16歳の三浦佳生選手は日本男子フィギュア選手の中でも、最年少での4回転ジャンプを成功させた記録をもっているなど注目されています。

しかも羽生選手の代わりに選ばれるくらいですから、かなりの実力者ですよね!

ですがまだあまり知らない方も多くいると思います。

そこで気になるのが、16歳の三浦佳生選手が通っている高校や出身中学校はどこなのか、スケートの経歴は?ではないでしょうか?

また、歴代コーチも気になります。

なので今回は、以下の事についてまとめてみました。

・三浦佳生の高校や出身中学はどこ?
・三浦佳生のスケートの経歴は?
・三浦佳生の歴代コーチは?

それではみていきたいと思います。

スポンサーリンク

三浦佳生の高校や出身中学はどこ?

三浦佳生選手が通っている高校は、目黒日本大学高等学校です。

目黒日本大学高等学校

三浦佳生選手が通っている目黒日本大学高等学校は、私立の高校で偏差値は51-61となっています。

そしてこの目黒日本大学高等学校にはスポーツ・芸能コースといったほかとは違うコースもあり、芸能人でいうと元モーニング娘・後藤真希さんもこの高校を卒業しています。

また高校では、通信制も選ぶことができるたりと生徒の学びやすい体制が特徴です!

そんな目黒日本大学高等学校のどの専攻を選んでいるのかはわかりませんが、週に15時間~18時間もスケートを練習する三浦佳生選手にはッタリな高校なのではないでしょうか。

名称 学校法人 目黒日本大学学園
住所 〒153‐0063 東京都目黒区目黒1丁目6‐15
TEL 03‐3492‐3388
HP https://www.meguro-nichidai.ed.jp/

次は中学校を見ていきましょう。

大田区立馬込東中学校

三浦佳生選手の出身中学校は大田区立馬込東中学校</strong>で、2021年に卒業されています。

中学校は目黒日本大学中学校ではなかったようですね。

そんな三浦佳生選手は中学時代に4回転ジャンプを成功させ注目されていたので、中学校でもフィギュア選手としては有名だったようですね!

名称 大田区立馬込中学校
住所 〒143‐0025 東京都大田区南馬込2丁目26-30
TEL 03‐3773‐3988
HP https://www.ota-school.ed.jp/magomehigashi-js/index.html




三浦佳生のスケートの経歴!

三浦佳生選手のスケートの経歴をまとめてみました。

4才で初めて”明治神宮外苑”のスケート場で滑ったことがきっかけで、5才から本格的にフィギュアスケートを始めました。

小学生になったころには、早朝3時半には起床しランニング。

それからスケート場に行って練習した後に学校へいくという、大人でも挫折してしまいそうなほどの、ハードな生活をしていたようです。

そのかいもあり、12歳になった2017年10月に「全日本ノービス選手権男子A」で優勝!

さらに同年には、「NHK杯エキシビジョン」に開催国招待選手として参加しています。

翌年の2018年には「東日本ジュニア選手権」ではなんと4回転トーループを日本男子フィギュア選手最年少で成功させ注目されました。

ちなみに同世代には鍵山優馬選手や佐藤駿選手がいて、活躍していた2人とかなり比較されていたんだとか。

2019年2月に出場した「全国中学スケート大会」でも4回転トーループを成功させ、銅メダルを獲得!

また同年の「ジュニアグランプリシリーズリガ杯」でも、国際競技初4回転トーループを成功させて、7位という結果を残しました。

2020年2月の「全国中学スケート大会」では2種類という驚異の4回転ジャンプをして、見事初優勝されています。

着実に成績を残してきた三浦佳生選手は、同じ年の2020年に「全日本フィギュアスケート選手権」でも2位という好成績を残し、同年に行われた「フィギュアスケートGPシリーズ最終戦・NHK杯」でも6位という結果でした。

このことから「史上最強の中学生」と呼ばれるようになったんだとか。

2021年の「全日本フィギュアスケート選手権」ではまたも優勝を勝ち取ります!

全日本選手権でも4位入りや、シニアの四大陸選手権代表に選ばれ、自己ベストを更新し3位となっています。

そんな凄い成績を残してきた三浦佳生選手のプロフィールを作ってみました。

三浦佳生のプロフィール

名前 三浦佳生(みうらかお)
生年月日 2005年6月8日
出身地 東京都
身長 168㎝
血液型 A型
趣味 野球観戦・アニメ鑑賞

三浦佳生選手の身長はさほどたかくない168㎝なんですね。

ですがまだ16歳ということで、もしかしたら身長は伸びるかもしれませんよね♪

そして体重などは公表されていないためわかりませんが、見た感じだと50㎏弱あるくらいなのではと予想しています。

そんな三浦佳生選手は、以前は好きな物だけを食べていたようなのですが、憧れの羽生選手と一緒にアイススケートに出場した時に、スケートの事や食事の大切さを教わったんだとか!

それからは好き嫌いせず、お菓子は食べないようにしているみたいですよ!




三浦佳生の歴代コーチ!

三浦佳生選手の現在のコーチは3名いて、佐藤紀子コーチ・福井信子コーチ・岡島功治コーチとなっています。

現在のコーチ

佐藤紀子コーチは、1984年にサラエボオリンピックアイスダンスの日本代表選手だった経歴をお持ちの方で、引退後はプリンスホテルやプリンスアイスワールドで活動していました!

これまでに指導してきた有名選手には、樋口新葉選手や村主章枝選手がいらっしゃいます。

そして現在は三浦佳生選手をはじめ、多くの選手のコーチ兼振り付けの指導をしています。

福井信子コーチは、三浦佳生選手が所属している”KOSE新横浜プリンスFSC”のインストラクターをしている方で、村主章枝選手の最初のコーチだったんだそうです。

なので三浦佳生選手のコーチになるのは、必然的だったのかもしれません!

岡島功治コーチは元フィギュア選手でペアスケーターをされていました。

そして現在は”明治神宮外苑”のスケート場の専属コーチで、三浦佳生選手以外には樋口新葉選手を主に指導しているそうです。

次に、これまでの歴代コーチもみていきたいと思います。

歴代コーチ

・都築章一郎
・都築奈加子
・佐藤信夫
・佐藤久美子
・小川れい子
・星野有衣子

これまで6人ものコーチに指導してもらっていたんですね!

そして現在は、3人ものコーチがついている三浦佳生選手の今後の活躍から目がはなせませんね!




まとめ

今回は「三浦佳生の高校や出身中学はどこ?スケートの経歴や歴代コーチも徹底調査!」と題してまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

わかったこと…

・三浦佳生の通っている高校は目黒日本大学高等学校で出身中学は大田区立馬込東中学校でした。
・三浦佳生のスケートの経歴は、色々な大会で優勝したり好成績を残す「史上最強の中学生」
・三浦佳生の歴代コーチは6人で、現在は3人のコーチが指導

三浦佳生選手は現在16才の現役高校生なので、まだまだフィギュアスケータとして伸びしろがあると思われます。

なのでこれからの活躍に注目していくと同時に、応援していきたいと思います。

TOPスケーターになるのも近いかもしれませんね♪

本日も最後までよんでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
人物
SYKをフォローする
HINATA BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました